禁煙コミットの使い方

  1. 禁煙挑戦期間の設定
  2. 禁煙に挑戦する期間を決めます。

    <画面イメージ>

  3. 罰金の設定(任意)
  4. 期間中にタバコを吸ってしまった場合に払う罰金の額を設定します。(500円〜)

    <画面イメージ>

  5. 禁煙に挑戦
  6. 設定した期間が終わるまで、禁煙に挑戦します。

    <画面イメージ>

    判定者の登録

    禁煙コミットでは、自分以外に禁煙の成功/失敗を報告することができる「判定者」を登録することができます。

    禁煙の成功率を上げるためには、判定者を登録することを推奨します(詳細は後述の「判定者について」で説明します)。

  7. 結果報告
  8. 禁煙挑戦期間が終わってから1週間が禁煙結果の報告期間です。報告期間内に禁煙の成否を報告してください。

    ※ 報告期間になったらリマインドメールが送られます。

    <画面イメージ>

    成功の場合

    おめでとうございます!成功した場合は罰金は引き落とされません。その調子で継続的に禁煙に取り組みましょう。

    失敗の場合

    残念ながら失敗してしまった場合は罰金が引き落とされます。一度の失敗で諦めず、禁煙方法を工夫してもう一度挑戦してみましょう。

    ※報告期間内に報告がなかった場合失敗と判定されます。

判定者について

判定者を登録して成功率アップ!

自分ひとりで挑戦すると、「タバコを吸っても『成功』と報告すれば罰金を払わないで済むから、吸ってもいいや」という誘惑に駆られてしまうかもしれません。


禁煙コミットでは、自分以外に禁煙の成功/失敗を報告することができる「判定者」を登録することができます。判定者が失敗と報告した場合は罰金が引き落とされます。

本当は吸ってしまったけど、罰金を払うのは嫌だから「成功」と報告してしまおう…。

判定者

あの時タバコを吸っていたから「失敗」と報告しよう。

判定者を登録することで、タバコを吸ってしまった場合に罰金を払うことがより確実になります。その結果、あなたは「吸ったら罰金だ…絶対に吸わないようにしよう」と、強い意志を保つことができます。

吸ったら確実に罰金だ…。絶対吸わないようにしよう!

あなたの禁煙の成否を厳正に審査してくれる人(家族・友人・同僚)に判定者になってもらい、禁煙の成功率を高めましょう!


<判定者画面のイメージ>

判定者は、登録後にアクセスできる報告ページから、挑戦者の禁煙の成否を報告します。

【判定者のできること】

  1. 判定者は、禁煙挑戦者がタバコを吸っているのを目撃した場合に、即座に禁煙失敗を報告することができます。

  2. 判定者は、禁煙挑戦期間終了後の結果報告期間(1週間)に、挑戦者の禁煙の成否を報告することができます。

さぁ、あなたもそろそろ
”本気の禁煙”
始めてみませんか?